ヨーロッパ剣道、こんな試合があります!日本との違いも

Pocket

日本で剣道の試合に出るためには、道場連盟や学校、実業団に所属しなければなりません。
もちろん無所属で出場できるオープン大会もありますが、そこまで多くはないのではないでしょうか。

逆にヨーロッパの試合は、ほとんどオープン大会です。
他の国から参加があると人数が増えて盛り上がるので、積極的にプロモーションを行い、大きな大会は数カ国から200名前後集まります。
今回の記事では、ヨーロッパのメジャーな剣道大会についてご紹介します。

ヨーロッパで有名なオープン剣道大会

数あるヨーロッパ諸国のなかでも、フランス・ハンガリー・ドイツ・オランダは剣道の歴史も長く、これらの国々が主催する試合は数100名規模になります。

Open de France(フランス)

フランスで開催されるオープン大会。ヨーロッパだけではなく、強豪国アメリカ・韓国からも参加があります。
旅行会社の企画で、この試合に参加するツアーもあるようです。
日本からの一般の参加のほか、毎年、国士舘大学の学生さんも参加していると聞きました。

試合出場には人数・チーム制限があるため、早く申し込まないと埋まってしまいます。
2019年は2月8日、9日に開催予定。登録締め切りは2月1日です。

Iijima cup(オランダ)

30年続いているオランダ主催の国際大会。昨年は200人以上の参加があり、西欧以外にも、ポルトガル・イスラエル・イギリス・アイルランド・フィンランド・スウェーデン…など本当にたくさんの国から参加がありました。飯島先生が始めた試合なので「飯島カップ」という名前です。
試合は3月16日、17日の2日間に渡って行われます。

Hungary Kendo Cup(ハンガリー)

ハンガリーのこの大会も26年も続いているそうです。ハンガリーは東欧の強豪国として有名ですが、一時期は、義務教育に武道を取り入れる、という試みもあったそうです。
先日の世界大会では「僕たち国士舘大学に留学してました」と流暢な日本語で話してくれた代表選手の方々も。
26th Hungary Sakura Cupという試合も3月23日にあります(同一の試合?)。

天狗杯(ドイツ)

6月にドイツのフランクフルトで開催される国際試合。
ドイツ、オランダ、ベルギーのほか、フランス、イギリス、スイス…日本の大学生も参加してました。
試合に出るとこの天狗デザインの手ぬぐいがもらえます😍

表彰された人たちは、メダルと一緒にビールも受け取り、その場で一気飲みしてました(※未成年はジュース)。

The London Cup(イギリス)

5月に開催されるイギリスの大会。12月時点でFacebookページですでに参加募集が始まっており、300名近い剣士が興味を持っているようです。

そのほか、ラトビアで開催予定の「Baltic Three Countries Championship(バルト三国チャンピオンシップ)」や、ギリシャで開催予定の「The Athens Taikai(アテネ大会)」、フィンランドの代表チームが主催するオープン大会などもあるようです。せっかくヨーロッパにいるから、出来るだけ観に行きたいと思っています。

2年に1度の祭典。ヨーロッパ大会

まだ詳細情報が解禁されていませんが、2年に1度開催されるヨーロッパ最大の大会が「ヨーロッパ大会」です。
これまで紹介してきたオープン大会とは異なり、各国の代表選手しか出場できません。
ものすごく盛り上がるらしいので今からとても楽しみです。

前回はハンガリーで開催され、今回はセルビアで開催予定。
2019年5月24日から26日まで、3日間開催されます。

ヨーロッパの試合と日本の試合の比較

最後に、ヨーロッパの試合と日本に試合の比較表をご紹介します。
実際に参加してみないとわからない雰囲気もあるのですが、色々違いがあります。

日本 ヨーロッパ
参加資格 道場連盟、学校、会社への所属が必要。
*オープンで参加できる試合もある
参加費用を払えば誰でも参加可能
*ヨーロッパ大会、世界大会のように代表しか出れない試合もある
費用 所属団体が負担もしくは数1000円 30-40ユーロ
参加者国籍 基本的には日本人。たまに外国籍の方も 基本的に多国籍。大きな大会は10カ国以上参加することも
賞品 地域大会では竹刀がもらえることも 国によって特色あり。大きな試合は特製の鍔どめや胴がもらえることも
審判の先生にも感謝の品(マスタードなど)が振舞われる
案内・申込 手紙やWebで案内。書類に記入 Webから(Facebookも積極活用)
プロモーション 各所属団体に告知 Webで積極的にプロモーション実施
プロモーション動画を撮影する国も。決勝戦はFacebookページでリアルタイム配信される国もある
形式 男女別 男女混合
*ヨーロッパ大会、世界大会など大きな大会は男女別
スコア表 漢字で縦に記載。メ、コ、ド、ツ アルファベットで横に記載。M、K、D、T
その他 試合のオープニングで剣道形の演舞が披露されるなどパフォーマンスあり 段審査が共催されることが多い